「技術研究」カテゴリーアーカイブ

自宅NURO導入まとめ

 

一年間WIMAXで我慢して、遂に自宅NURO導入することになりました。

しかし、家の構造上、二階のリビングルームに引き込むしかできないと言われ、作業部屋とサーバルームは一階だから、困った。

せっかく2Gも高速なブロードバンドインターネットだから、有線配線したい。

事前に屋内電話配線利用できないかとチェックした。電話コンセント開けて見ると、LANケーブルで電話配線したので、早速壁式LANコンセントを注文。

2015-10-15 13.22.16

NURO回線設置した。電話コンセントしたから、光ファイバーを出して、隣のONU(光アダプター?)に繋ぐ。そのONUまたTAに繋ぐ。

 

2015-10-15 14.54.35 2015-10-15 16.03.54

固定電話も使わないね。電話コンセントを外して、LANコンセント付けた様子。

2015-10-16 11.23.49 2015-10-16 11.29.49

元の位置に戻す、蓋を被る。

2015-10-16 12.01.03

一階作業部屋とサーバルームにもLANコンセントを設置して見た。

ところで、予想した二階のリビングルームと一階作業部屋とサーバルームのケーブルはつながっていない!!!こうなるとすべて部屋の電話コンセントを外して調べてみると!

なんと二階のリビングルーム電話コンセントは三階の寝室に繋がっている、そこから三階の子供部屋、一階作業部屋の順に配線してた。職人さんが何を考えてるね。配線は長くなるじゃない?

LANケーブル2ヶ所もカットされ、どう繋ぐには悩み。

LANケーブル延長コネクターで繋ぐすることも考えられるが、LANケーブルにモジュラープラグの取り付けは、専用道具が必要だ!

2015-10-16 11.43.04

とりあえず、三階の寝室と三階の子供部屋のLANケーブルを連結する。容易に繋ぎのため、昔のRS-232Cのコンセント土台として利用。外にビニール袋を被て、元に戻して完成。スマートじゃないけどな。

いつかLANケーブルにモジュラープラグの取り付ける専用道具が借りれたら、またやり直す。

xoopsアップグレードの苦労

去年xoopsコミュニティ分裂が生じ、自分が幾つXOOPSのサイトが抱えて、しばらくアップグレードを棚上げ、様子見るにした! (CMSについて参照)。たまたま

ブラウザ・メールソフト別UTF-8対応状況

を拝見して思いついたが: XOOPSの各言語サイトをUTF8で統一して、各言語サイト一本化したら、この問題解決可能かもしれない。

xoopsでは、標準にUTF8サポートはないが、hackレベルで、その改造は幾つのサイトで見られる。

XOOPS 正體中文延伸計劃

xoopsのUTF8化をしばらく実験してみた。主に

言語ファイルUTF8化 (一部ダウンロード、その他自分で手作業)

言語切り替えツール (Xlanguage, SmartLanguage)

Xlanguageの方が、改造少ないので、最終は全部Xlanguageを利用するようにした。

試験中、偶々XOOPS 2.2.4 は’XOOPS_REFERERCHECK_SKIP’オプションがあるが分かった。これて俺的XOOPS”に移行した日本語サイト一部も一本化できるが嬉しいです。早速ためしにそのサイトをXOOPS 2.2.4に移行して、設定に

define(‘XOOPS_REFERERCHECK_SKIP’, ‘1’);

追加して、しばらく運用してみたら、苦情がないから。移行が決定した。

これて、もともと一本のXOOPSは、日本語、英語、中国語、UTF8、”俺的XOOPS”、五つパッケージになり、複数のXOOPSバージョンのサイトのメンテナンスもう大変だったが、またXOOPS 2.2.4+(UTF8 hack)で一本になりました!

不具合はまたボツボツ出るだが、これを乗り越えたら、それからの管理はは楽になるかな。そう期待する!

WordPressのTheme

WordPressのThemeを探したら、沢山出ました!メモしておく

http://www.alexking.org/index.php?content=software/wordpress/themes.php
http://layoutstudios.com/ (登録が必要)
http://managedtasks.com/wpthemes/blog/2005/03/26/34-more-themes/