自宅インターネット開通した

昨日帰宅して、見たらモデムのLINKは点灯した(点滅ではなく)、試したら、もうインターネット接続できた。しかしDOWNは300k、UPは64Kしかない、悲惨なもの!

2001年 – NTTのADSL(2M)を利用した。

2002年 – 中国電信(中国)の光LAN(10M)、快適快適!!

2003年 – Varizion(アメリカ)のADSL(500K)、おそい。

2004年 – KDDIのVDSL(30M)を利用して、スピードも出るから、快適!

そこで、なぜ2006年いま、KDDIの300Kサービスになったか、KDDIのシステムに問題ある!

引っ越すため、インターネットの引っ越す。引越し先は同じ都市機構の同じKDDIサービスがあり、すんなり移行はできると思ったが、しかしそうは行かない!

  1. WEBで引越し申し込む
  2. 電話で旧住所解約連絡
  3. 新住所で新規契約

WEBの方が早いというから、してみたら、大きな落とし穴。

WEBから、新住所で検索したら、利用可能なのは50Mのメタルプラスが一件のみ、光oneは未対応。それ使うしかない、50Mじゃ、30Mよりも早いから、同じサービスに間違いないと思い込んで、KDDIから確認電話も来て、住所確認できる文書を送るなさいとか、なぜ同じサービス、引越しだけでこんなに面倒、なぜ4週間もかかるとすごく疑問だけど!MyKDDIも利用しているが、なぜそれ連携がない、メールアドレス入力するところもない、SEとして、KDDIのシステムにもすごく疑問がある!

8月11日、K**I工事代行から、NTT工事予定日8月30日、K**I工事は9月1日でやっとわかった。その50メタルプラスは、30MのVDSLではなく、昔のADSLだった!

KDDIのサービス名がゴロゴロ変わるから、起こした混乱、こちらインターネットとIP電話のプロ際混乱されて、訳がわからないメタルプラスを申込み、しかも開通するまで、ひかりoneマンションへ変更できない羽目になった。

このメタルプラスはまた、申込み時持っているMyKDDIで情報を入れたにも関わらず、一括管理できない、なんと別の新しいIDとPWになる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *