さんまさんの「恋のから騒ぎ」が終了

1994年から、17年も続いたさんまさんの「恋のから騒ぎ」が終了した。スタート時点さんまさんがまた38歳、いまも55歳、本人も恋を語る年齢ではないと言ってった。
内容はとても趣味深い、生の日本語、しかも字幕があり、これまでにアメリカ、または中国滞在数年間を除いて、欠かせない日本語勉強の時間でした。1995年は日本のインターネット元年、それまで夜のテレビ見る時間が、インターネット見るにとり変わった。それでも「恋のから騒ぎ」が唯一続いて見た番組。よくその時間にテレビをつけるが忘れたため、テレビのタイマー、携帯電話のタイマーをそのために活用した。
番組終了は、とても残念でした。振り返して見たさんまさんも1994年ころが若いね。もちろん僕がそのころも若かった。...

大容量(2T)HDD購入

データバックアップのため、手元の空き少なくなったから、購入に踏み切った。手元にあるのは160G-250G殆ど、一気に10倍増えて、気持いいところ。94年ころ買った200Mの外付けHDDは7万円台でしたが、今回買った2Tの外付けHDDは8千円台でした。
まずWinとDebian兼用を考慮し、640GをexFAT、残り1280GをEXT3にした。
それからWin系のメデイアにあるファイルを全部640Gにコピーし、すぐ2/3を埋まった。
そしてDebianサーバに接続し、ホームサーバとKuroBoxサーバのUNIX系のファイルも1280G にコピーした。
最後に、640GのexFAT, 1280GのEXT3両方ともホームサーバにマウントし、SAMBAで共有する設定をした。KuroBoxサーバは当分必要なくなるから取り外し事になった。