iPhone4のスピーカー故障とアップル iOS 6.1 提供開始

自分iPhone4のスピーカーが故障した。いきなり電話が受けでも聞こえない。

スピーカーフォンにする、イヤフォンつける、Bluetouthイヤフォン接続する、いずれでも聞こえる。

しかしスピーカーフォンは使える場面が制限され、イヤフォンがいつも受信の時に絡まる、Bluetouthイヤフォンがいつも受信の時に接続が切れている。

修理を問合せしてみたら、一万五千円くらい交換できるらしい。

またiPhone5に機種変更する場合、月賦契約がまた7か月残るから、一万四千円くらい機種変更できる。

ちょっとしたことで一万五千円の出費になり、なんか代替品ないか探してみた。

SANWA SUPPLY 小型スピーカーマイクがいいかもしれないので、注文した。ついでに絡まないイヤフォンも注文した。

ダウンロード (1) ダウンロード

***

アップル iOS 6.1 提供開始:LTEキャリア追加、広告識別子のリセットボタン追加など http://t.co/81O152VR.

自分のiPhone4を確認してみたら、またiOS 6.01, いつの間にかiOS 6.02もあったみたい。

早速アップデートしてみる。iPhone4のスピーカーの故障もこのアップデートで消えると薄々期待しているけど。

追記:

  1. iOS 6.1のアップデートで、iPhone4のスピーカーの故障が消えない!ハードウェアの故障だね!
  2. SANWA SUPPLY 小型スピーカーマイクがエコーが発生し、スピーカーとマイクが同時に使えないものか?

Windows 8 RP 版から Windows 8 Pro へ

使っているWindows 8 Release Preview版が期限過ぎて(1/15まで)メッセージがうるさいから、対策を検索したところ、Windows 8 Proへ3300円でアップグレードが可能とわかった。

早速取り込みしてみたら、一日かかっても終わらない作業でした。

最初はアップグレードしてアプリもそのまま使えると思ったが、終わって見たらデータだけ移行でした。それではパーテイションにゴミがたくさん残るので、新しいパーテイションにインストールにした。使っているアプリを再度入れ直すので時間がかかった。

SkypeとEvernoteはWindows 8対応版があるから、Windows 8マーケットから入れて見たら、使えものにならない。また普通のダウンロード版も入れた。

Raspberry Pi 二台目始動

Raspberry Pi一台目Webサーバとして16GのSDカードを積んで遠方で稼働し始めた。

Raspberry Pi 二台目もそろそろ始動。

P1300012

今回はクリアケースで、8GのSDカード(左側青いもの), USB-WiFi無線通信モジュール(右側白いもの)を装備、ワイアレスの何かを試したいともう。

手元にある http://www.amazon.cn/MERCURY-水星网络-MW150US-超小型150M无线USB网卡/dp/B008FK96QG/ で購入した。 USB-WiFi無線通信モジュール(右側白いもの)を装備した様子

# lsusb — 認識されたことを確認。

Bus 001 Device 002: ID 0424:9512 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 004: ID 0bda:8176 Realtek Semiconductor Corp. RTL8188CUS 802.11n WLAN Adapter <--- これです!
Bus 001 Device 008: ID 0c45:7401 Microdia

ここの Wifiアダプタ(チップセットがRTL8188CUSのもの)のドライバはカーネルにすでに組み込まれているので、非常に簡単なセットアップだ。

# lsmod — カーネルモジュールの読み込み状態で確認

Module                  Size  Used by
snd_bcm2835            10636  0
snd_pcm                60411  1 snd_bcm2835
snd_seq                44988  0
snd_timer              16257  2 snd_pcm,snd_seq
snd_seq_device          4265  1 snd_seq
snd                    41809  5 snd_bcm2835,snd_timer,snd_pcm,snd_seq,snd_seq_device
snd_page_alloc          3176  1 snd_pcm
8192cu                457513  0  <--- これです!
leds_gpio               1920  0
led_class               2329  1 leds_gpio

# iwconfig — ワイヤレス設定から確認

wlan0     unassociated  Nickname:"<WIFI@REALTEK>"
          Mode:Managed  Frequency=2.412 GHz  Access Point: Not-Associated
          Sensitivity:0/0
          Retry:off   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Encryption key:off
          Power Management:off
          Link Quality:0  Signal level:0  Noise level:0
          Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:0  Rx invalid frag:0
          Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0
lo        no wireless extensions.
eth0      no wireless extensions.
Page Top

設定 anchor.png

# vi /etc/network/interfaces

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

# vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

network={
 ssid="_SSID_"
 proto=RSN
 key_mgmt=WPA-PSK
 pairwise=CCMP TKIP
 group=CCMP TKIP
 psk="_WPA_SHARED_KEY_"

}

# ifdown wlan0

# ifup wlan0

ioctl[SIOCSIWAP]: Operation not permitted
ioctl[SIOCSIWENCODEEXT]: Invalid argument
ioctl[SIOCSIWENCODEEXT]: Invalid argument

# ifconfig wlan0

wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr 14:cf:92:0b:91:84
         inet addr:192.168.0.123  Bcast:192.168.0.255  Mask:255.255.255.0
         UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
         RX packets:2573 errors:0 dropped:4062 overruns:0 frame:0
         TX packets:13 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
         collisions:0 txqueuelen:1000
         RX bytes:307880 (300.6 KiB)  TX bytes:1871 (1.8 KiB)

運用 anchor.png

サーバとして運用するつもりなので、固定IPの設定を行う

また、eth0はケーブルが抜けると、wlan0も切れてしまうので、いろいろと調べて、ifmetric 導入にした。

# apt-get install resolvconf — chen 2013-02-19 (火) 01:30:55

# apt-get install ifmetric — chen 2013-02-19 (火) 01:31:14

# vi /etc/network/interfaces

auto lo
iface lo inet loopback
# Primary wired network interface [eth0]
auto eth0
iface eth0 inet static
       metric 1
       address 192.168.0.201
       netmask 255.255.255.0
       gateway 192.168.0.1
# DHCP
#iface eth0 inet dhcp
# Wireless interface [wlan0]
auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
       metric 0
       address 192.168.0.207
       netmask 255.255.255.0
       gateway 192.168.0.1
       wpa-ssid _SSID_
       wpa-psk _WPA_SHARED_KEY_
       # wpa_roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

# ifdown wlan0

# ifup wlan0

これてeth0はケーブルが抜けでも、wlan0ちゃんと繋ぐ。

Ref anchor.png