httpingで疎通確認

ping みたいに、細かくウェブサーバの応答状況もチェックできるツールが「 httping 」。ping のように HTTP リクエストを送ることが出来る。

またJenkinsを正統派CIツールとして使っているのではなくて、httpingで疎通確認Cronジョブのために使う。

http://www.vanheusden.com/httping/

1. httpingのインストール

  1. #  git clone https://github.com/flok99/httping
  2. #  cd httping/
  3. #  make

ここでエラー発生

msgfmt -o nl.mo nl.po
make: msgfmt: Command not found
make: *** [nl.mo] Error 127

Googleしたら、gettext不足の模様

#  yum install gettext

再度チャレンジ

  1. #  make
  2. # 1012  make install

2.  テストする

  1. # httping -i 3 -s -G -b http://www.google.co.jp/
  2. # httping -s -K http://www.google.co.jp/

Image

3.  Jenkins に組み込み

image

これて、サーバが落ちたら、メールが飛んでくる。

CandyCaneを試す

CandyCaneというCakePHP版Redmineが発見。早速ためす。

http://yandod.github.io/candycane/ja/

インストールは簡単:

  1. # git clone https://github.com/yandod/candycane  // download
  2. # mv candycane public_html ————// move to web root
  3. # mysqladmin create candycane ——–// create mysql db

それからブラウザでサイトへhttp://candy.poemdb.net/

Image

次の画面で、WordPressの感じで、DB設定して、次へも終わり。

早速ログインして、自分のアカウントを作り、デフォルトのアカウントをロックする。

Image

Redmineのインストールは苦労したが、こちら本当にWordPress感覚で、あっさりインストール成功!

本来のRedmineと、機能上違い、使えるプラグインが知りたいね。

CakePHPベースだから、本体、プラグイン不具合の対応、プラグインの試作にも楽だ。