Windows XPパソコンにChromium OSをインストールして再利用する

いろいろ忙しいのに、なぜかネットでChromium OSの資料を見て、試したくなった。

1G程度のCPU、1Gメモリあれば使えるといい、

自分もブラウザとクラウドしか使ってないのようが気がする。

それならUSBを作って、簡単ってどのパソコンに刺しても使えるし、

また一つは手持ちWindows XPのパソコンがサポート外と、メッセージがうるさいから。

早速http://chromium.arnoldthebat.co.uk/から、最新版64ビット版と32ビット版をダウンロード、Win32 Disk Imagerで8GのUSBに書き込んで試した。

結果は残念。手持ち数台パソコンに試した結果、だめの現象はいろいろあり:

  • ブートしない
  • システム検査ー>ブートが繰り返し
  • 起動ー>クラッシュー>ブートが繰り返し

中古のWindows XPのパソコンの活用のつもりだっだが。結局全滅。

最後に手持ち最新のノートパソコン(Windows8.1)がChromium OS立ち上がった。現時点またChromium OS使う意味がないな。

WiMaxを固定回線代わりに使う

WiMAX究極割キャンペーンで、いまさらWM3800R体験することになった。

測定値は、Down18.7M/Up2.6M、快適だ。

そのために、幾つ工夫する点を

  1. 電波強いところを探す。そこに固定化する。
    自宅1階から3階は、大体アンテナ3本くらい、3階の窓すぐそばが、4本の場合もある。
    ただし設置便利とWIFI電波の飛ばす距離の平均化を考えて、2階の窓近くに固定した。
  2. WIFI 電波をアップ
    送信出力 (初期値:12.5%)、これを50%にアップする
  3. セカンダリSSIDの停止
    初期セカンダリSSIDは弱そうなWEP128だっだので、省電力も兼ねて、停止する
  4. 電池にロングライフ充電
    電池容量が70%程度となる電池電圧で充電を停止する

WM3800Rの<お知らせ>に無線LAN接続は、最大10台と書いてあり、気になるところだ。これは内蔵NATの制限によるもの?