WiMaxを固定回線代わりに使う

WiMAX究極割キャンペーンで、いまさらWM3800R体験することになった。

測定値は、Down18.7M/Up2.6M、快適だ。

そのために、幾つ工夫する点を

  1. 電波強いところを探す。そこに固定化する。
    自宅1階から3階は、大体アンテナ3本くらい、3階の窓すぐそばが、4本の場合もある。
    ただし設置便利とWIFI電波の飛ばす距離の平均化を考えて、2階の窓近くに固定した。
  2. WIFI 電波をアップ
    送信出力 (初期値:12.5%)、これを50%にアップする
  3. セカンダリSSIDの停止
    初期セカンダリSSIDは弱そうなWEP128だっだので、省電力も兼ねて、停止する
  4. 電池にロングライフ充電
    電池容量が70%程度となる電池電圧で充電を停止する

WM3800Rの<お知らせ>に無線LAN接続は、最大10台と書いてあり、気になるところだ。これは内蔵NATの制限によるもの?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *