Onion Omega2+ (4) DHT22 Sensor

温度と湿度を測るべく、DHT22 Sensorを導入

ファイルのダウンロード

Onion Omega2 と DHT22情報を検索すると、まず見つかったのは、onionのフォーラム
https://wiki.onion.io/Tutorials/PHP-DHT11-DHT22-Sensor-Examples
こちらからは、次のパッケージをダウンロードすると指示された。
https://community.onion.io/uploads/files/1450434316215-checkhumidity.tar.gz
しかし、下記のエラーでうまくいかない。

./checkHumidity: line 1: syntax error: unexpected “(” (expecting “)”)

こちらの記事は2016-03-16のもの、 ファイルはOmegaに対応する、Omega2に対応してない!こちらは同じ悩みの方ののデスカッションでした。
http://community.onion.io/topic/1390/dht11-22-checkhumidity-syntax-error
流れの中で、次のOmega2に対応するパッケージをダウンロードすると話があった。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/11811685/checkHumidity.tar.gz
しかしリンク切れえ、作者に連絡してみたら、新しいリンクアドレスを教えてくれた。

GPIOの選択

GPIOどれか使うもちょっと手間がかかった、どれでもいいではない。(プログラムちゃんと設定してないかも)!
いくつGPIOを試して、GPIO19に落ち着いた。GPIO6は、対応しないみたい;GPIO18とGPIO19は対応するが、DHT22のデータはGPIO18、Vccは3.3に繋ぐとうまくいかない;最後にDHT22のデータはGPIO19、Vccは5.0に繋ぐとうまくいった!

root@Omega-6F83:~/checkHumidity/bin# /root/checkHumidity/bin/checkHumidity 6 DHT22
-255.000000
-255.000000
root@Omega-6F83:~/checkHumidity/bin# /root/checkHumidity/bin/checkHumidity 18 DHT22
0.000000
0.000000
root@Omega-6F83:~/checkHumidity/bin# /root/checkHumidity/bin/checkHumidity 19 DHT22
21.799999
24.500000

 
参考:

  • https://wiki.onion.io/Tutorials/PHP-DHT11-DHT22-Sensor-Examples

Onion Omega2+ (3) Relay-Exp

昨日普通のリレーをブレッドボードで試したが、専用のリレーボードがあると思い出した。

早速つけって見た。
コマンドライン、ローカルWeb管理画面、そしてクラウド管理画面のどちらでも管理できるので便利。

図:ローカルWeb管理画面
 

リレーをコントロールする
root@Omega-6F83:~# relay-exp 0 on
> Initializing Relay Expansion chip
> Setting RELAY0 to ON
root@Omega-6F83:~# relay-exp 0 off
> Initializing Relay Expansion chip
> Setting RELAY0 to OFF
root@Omega-6F83:~# relay-exp 1 off
> Initializing Relay Expansion chip
> Setting RELAY1 to OFF
root@Omega-6F83:~#

図:コマンドライン管理の様子
ただ、切り替え結果の表示は、当にならないようね。目て確かめる必要。
同期の問題あるかもしれないが、コマンドラインでも状態が適当:
 

コマンド表示と 実物のLED状態、不一致の場合がある
root@Omega-6F83:~# relay-exp all off
> Initializing Relay Expansion chip
> Setting both RELAYS to OFF
root@Omega-6F83:~# relay-exp read 2
> Initializing Relay Expansion chip
> Reading RELAY2 state: ON
root@Omega-6F83:~# relay-exp read 1
> Initializing Relay Expansion chip
> Reading RELAY1 state: ON

両方ともにOffして、目て見てもOffになったが、
State:On
のまま。
IFTTTでも管理できるので、いつかやってみる。