AlibabaCloud (2) add swap

アリババクラウドのECSは、初期状態はSwap がないため、一時メモリが足りない時、タスク起動できない、MySQL機能しなくなるなど現象が発生。
そのため、手動でアリババクラウドのECSにSwap領域の追加する。

Swapファイルを作る

[root@mars chen]# dd if=/dev/zero of=/var/swap bs=1M count=2048
2048+0 レコード入力
2048+0 レコード出力
2147483648 バイト (2.1 GB) コピーされました、 19.2259 秒、 112 MB/秒

Swapファイルをスワップ空間を設定

[root@mars chen]# mkswap /var/swap
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 2097148 KiB
ラベルはありません, UUID=8205e9d6-f575-43ef-b737-313917a75cee
[root@mars chen]# chmod 0600 /var/swap

swap起動

[root@mars chen]# swapon  /var/swap

結果確認

[root@mars chen]# free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:            991         793          68           2         129          53
Swap:          2047           0        2047

再起動でも有効に

[root@mars chen]# echo “/swap/swap swap swap defaults 0 0” >> /etc/fstab
[root@mars chen]#

欠陥:性能低下

実際に数日動かしてみると。性能著しく低下とわかった。

瞬間の高負荷で、マシン全体はしばらく反応なくなる。これじゃ使うものにならない。Swapを停止する。

[root@mars chen]# swapoff  /var/swap

アリババクラウドで、Swapファイルをスワップ空間にする方法はだめでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *