Category Archives: MacOS

Mac OSX でWeb開発環境を構築する

Mac OSX のローカル環境でApache, MySQL, PHP 環境が試したくなり、VMなどいろいろ便利なパッケージがありそうだが、一番基本な方法で揃いたい。

Apache

ApacheもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用
$ # Stop
$ sudo apachectl start
$ # Start
$ sudo apachectl start
Apacheの動作確認
sh-3.2# httpd -v
Server version: Apache/2.4.16 (Unix)
Server built:   Aug 22 2015 16:51:57
 ブラウザで下記のURLで動作確認。

http://localhost/

Web Rootは /Library/WebServer/Documents/ にある。

PHP

php有効にする

PHPもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用。
まず、httpd.conf に phpモジュール行のコメントを外す
# LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
(最新版のMacOSは、php7_moduleになる)
$ sudo vi /private/etc/apache2/httpd.conf
それからApacheを再起動
$ sudo apachectl restart

なう、/privateは隠しフォルダのため、Finderで探して修正する場合、以下のキーを同時に押下し、隠しフォルダ・隠しファイルが表示するように。

[command] + [shift] + [.(ドット)]

上記のショートカットキーで表示・非表示を切り替えられる。

info.phpでphp動作確認

php動作確認を確認するため、下記のパスに、info.phpファイルを作成する。

cd /Library/WebServer/Documents

Filename: info.php

<?php

// Show all information, defaults to INFO_ALL
phpinfo();

?>
ブラウザで下記のURLで動作確認。
http://localhost/info.php

 

MySQL

MySQL のインストール方法は複数あり、ここではbrew でインストールと本家からダウンロード してインストール方法を紹介

brew でインストール

 

OSXにHomebrewをインストールする

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

ローカルの環境(Mac)に MySQL をインストール

$ brew install mysql
$ mysql.server start
Starting MySQL
. SUCCESS!

MySQLを起動する。もしmacOSが古い場合、下記のエラーが発生することがある。

mysql: macOS Sierra or newer is required.
Error: An unsatisfied requirement failed this build.
その場合、対応する古いMySQLバージョンをインストールする。
$ brew install mysql@5.6
$ /usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql –version
/usr/local/opt/mysql@5.6/bin/mysql Ver 14.14 Distrib 5.6.42, for osx10.11 (x86_64) using EditLine wrapper
$ brew services start mysql@5.6
==> Successfully started `mysql@5.6` (label: homebrew.mxcl.mysql@5.6)

本家からダウンロードしてインストール

MySQLはMacOS Xにないので、本家からダウンロード
ダウンロードしたファイルをインストールする。

MySQLの動作確認

MySQL AdminerはWebブラウザから使用するPHP製データベースクライアント。インストールは公式サイトからダウンロードして、FTPでPHPファイル置くだけですから手軽。
公式サイト https://www.adminer.org/
homebreawでMySQLインストールしたけど、繋がらない問題が発生、これはmysql.sockの場所の認識が違うため、シンポーリンクをつける。
sh-3.2# cd /var
sh-3.2# mkdir mysql
sh-3.2# chmod 755 mysql
sh-3.2# cd mysql/
sh-3.2# ln -s /tmp/mysql.sock mysql.sock

WordPressインストール

wp-cli install

$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 4487k 100 4487k 0 0 956k 0 0:00:04 0:00:04 –:–:– 911k

$ chmod +x wp-cli.phar

$ mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp

$ wp –info
OS: Darwin 17.7.0 Darwin Kernel Version 17.7.0: Thu Jun 21 22:53:14 PDT 2018; root:xnu-4570.71.2~1/RELEASE_X86_64 x86_64
Shell: /bin/bash
PHP binary: /usr/bin/php
PHP version: 7.1.16
php.ini used:
WP-CLI root dir: phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir: phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path: /Users/chen
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 1.5.1

WordPressインストール

sh-3.2# cd /Library/WebServer/Documents
sh-3.2# wp core download –locale=ja –path=wordpress –allow-root
Creating directory ‘/Library/WebServer/Documents/wordpress/’.
Downloading WordPress 4.9.7 (ja)…
md5 hash verified: b4aea3d0f3353ff1bb5ccdb246732574
Success: WordPress downloaded.
sh-3.2#
設定ファイル生成

sh-3.2# wp core config –dbname=wp_test –dbuser=root –dbpass= –dbhost=localhost –allow-root –path=wordpress

Success: Generated ‘wp-config.php’ file.

データベース作成

sh-3.2# mysqladmin -u root create wp_test
sh-3.2#

WordPressセットアップ

http://localhost/wordpress/

 

参考資料

iMACのHDDをSSDに換装

 

24インチiMac(24-inch, Early 2009)のHDDをSSDに換装し、「OS X El Capitan」新規インストールする。

概要:

  1. USBインストールメディア
  2. HDDをSSDに換装
  3. ボタン電池交換
  4. Macの日時の設定
  5. SSDのフォーマット
  6. OSをインストールする
  7. おわり

USBインストールメディア

「OS X El Capitan」は6Gもあるので、普通のDVDも入れない。WEB記事参考して、USBインストールメディアを準備した。

楽そうなDiskMaker X方法を試したが、うまくいかないので、Apple勧めたコマンドライン方法でできました。

HDDをSSDに換装

下記のサイトを参考して、一時間あまりでできた。

24インチiMac(24-inch, Early 2009)のHDDをSSDに換装する

両面テープではなく、2.5->3.5 変換アダプタを利用した。アダプタは短いので、固定レジはコネクター側2個だけ付けた。まー、両面テープよりは融通性がいいかも。アダプタ位置が3.5の場合とずれたため、ケーブルは届くが、ぎりぎり状態。

2016-09-17 11.26.24

温度センサーは、そのままSSD表面に貼る。SSDは熱を発しないため「あまりにも無意味な行動」けど。そのままの一番シンプルの方法でOK。

(Webの記事では、色んな対処法あり:

  1. ショットさせると良い
  2. アプリでファン制御
  3. 温度センサーを付け直
  4. ...)

ボタン電池交換

おそらく日付保持するボタン電池が切れたと思うので、新品と交換。テスターで確認したら確かに2.8Vしなない。

しかしこの余計な手順で思わぬ落とし穴…

Macの日時の設定

早速OS再インストールを試すが、以下のエラーが発生する

このOS X El Capitan インストールアプリケーションを検証できません。ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性があります。

英語の場合:

This copy of the Install OS X El Capitan application can’t be verified.
It may have been corrupted or tampered with during downloading.

解決するまで数時間を浪費した!!!

まず、文字通りに、対策として:

  1. ネットインストール。しかしOption+Command+R効かない
  2. USBインストールメディアを再作成。しかし同じエラーが発生
  3. 再度ダウンロード。ダウンロードしたものを削除して、AppStoreにダウンロードし直す、しかし回転アイコンが表示するが、いつまでもダウンロード始まらない!なぜ?

途方に暮れて、google先生に助けを求める。

検索結果にAppleの証明書の有効期限切れの対策が多いが、そうじゃないの気がする。

Appleの証明書の有効期限切れに伴い、2016年2月14日以前に作成したOS Xのインストールディスクが全て利用できない状態に。 – AAPL Ch-

下記の一件だけが気になった。

Mac再インストール時に「このOS X ○○ インストールアプリケーションを検証できません」というエラーが出る場合は日時が過去になってないか確認 – Qiita

ボタン電池交換で、時計が狂ったが原因でした。

コマンドラインから、時計を今日の日付に直した。変更するにはdateに続けて数値を2桁ずつ「月、日、時、分、年」の順番に入力する
(mmddHHMMyy)

2016年02月20日11時22分にしたい場合

date 0220112216

SSDのフォーマット

OS再インストールは、また問題にであった。換装したSSDが見つからない。

Windowsの感覚でインストーラがSSD見つかって、途中フォマードができると思ったが、違った!

再起動は数回したが、簡単にばらすWindows機材なら、もうばらして、コネクターの接続を確かめところだった。

先人のSSDに換装記事をよく見たら、インストール前に、「ディスクユーティリティ」でフォーマットが必要でした。

OSをインストールする

SSDフォーマットして、遂にOSのインストールにたどり着いた。それからほぼ順調に進んでいるが、Macのインストーラにて「残り1秒」で何十分も放置され、再起動するところでした。

2016-09-17 18.55.14

おわり

インストール途中、ときにはUSBキーボード効かない、Bluetoothキーボードをペアリングしろう;ときにはペアリングしたBluetoothキーボードも効かない、入力できない、気が付いて「キーボード不慣れモード」でマウスで文字入力操作ができた。しかしマウスのみ操作でアカウントのパスワード入力できなく、前に進まないなどなど、苦労が多いわ!

インストール終了後、USBキーボード、Bluetoothキーボードどちらも使えるようになったけど。

次はBoot Camp を使って Mac に Windows 7 をインストールすると考える。まず16GBUSBメモリを注文した。下記の内容は参考になりそう。

OS X El CapitanのBoot Campアシスタントを使ってWindows7をインストールする方法 – OTTAN.XYZ

Get Apache, MySQL, PHP and Adminer working on MacOS X 10.11 El Capitan

WordPress WordCamp 2015 のコントリビューターデイで、コアチームに参加したので、ローカルApache, MySQL, PHP 環境が試したくなり、VMなどいろいろ便利なパッケージがありそうだが、一番基本な方法で揃いたい。

Apache

ApacheもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用
sudo apachectl start  # Strat
sudo apachectl start  # Stop
sh-3.2# httpd -v
Server version: Apache/2.4.16 (Unix)
Server built:   Aug 22 2015 16:51:57
http://localhost/ 動作確認
Web Rootは /Library/WebServer/Documents/

PHP

PHPもMacOS X 内蔵されたので、そのまま利用
まず、httpd.confに phpモジュールのコメントを外す
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
それからApacheを再起動
sudo apachectl restart
info.phpでphp動作確認
 <?php phpinfo(); ?>
http://localhost/info.php

MySQL

MySQLはMacOS Xにないので、本家からダウンロード
ダウンロードしたファイルを起動する

Adminer

phpMyAdmin をいれると勧めるページが多いが、一個ファイルでDB管理できるのAdminerを勧めたい。
一個ファイルで作成されているため設置が簡単。
https://www.adminer.org/ からファイルをダウンロードしてください。「

svn

svn内蔵されたので、そのまま利用

git

Xcode またはXcode Command Line Toolsを入れると、gitもついでにいれた模様。

参考資料:

OS X Mavericks 無料アップグレード

Facebookのタイムラインから、OS X Mavericks 無料とタイトルが見かけた。

早速持っている MacBook Air を最新版へアップグレード。HDD空き容量はまた10Gあまり、作業は進められる。

先日のWindows8.1無料アップグレードと大差がない、ストアからアップグレードを見つかり、指示通りに操作し、ダウンロードがはじめ。問題はプログレスバーがないから、ダウンロードどこまで進んだか分らなかった。

一時間あまりで、ダウンロード、インストールが順調に進み。無事に終えた。

いまころ特に目立つメリット、デメリットがないが、HDD空き容量は12Gまでに増えた。

Mac OSX Mavericksは「無料」。凄い時代になった。

MacBook Air購入

久しぶり、新品のパソコン購入。MacBook Air 1700/11.6でした。4Gメモリ、64GのSSD、1Kg の重さで、モバイルでいろいろできそうな気がした。

今月引っ越す予定、新居に新たにフレッツ回線引くなので、大型電気店のの割引プログラム利用して購入した。

さっそく、よく利用Appを入れた。

  • DropBox
  • Evernote

いまさらOSの確認だが、OS X Lion搭載でした。最新じゃないね!Appleのページ見たら、

OS X Mountain Lionを搭載していない新しいMacを最近購入されたお客様は、Mac App Storeで無料でアップグレードできます。

さっそくサイトで申込みして、メールでコードゲット、APP STOREで入力して、OS X Mountain Lionダウンロードできた。
アップグレードは少々時間がかかったが。また初期状態のPCだから、特に問題なくできた。

2012-08-14 21.43.29 2012-08-14 21.44.26
2012-08-14 21.46.54 2012-08-16 21.14.23

 

2012-08-16 21.13.49