Category Archives: Windows

Chromium OSを試したUSBを再利用するには専用ツールでフォーマットが必要

先日WINDOWS XPパソコンにCHROMIUM OSをインストールして再利用する したが、中古のWindows XPのパソコンの活用のつもりだっだが。結局全滅だった。

そのUSBを他のOS再利用するとすると、まずWindowsでフォーマットする。8Gなのに、その際容量が随分少なくなり、1Gくらいになってしまった。

ネットでいろいろ調べた結果、この記事『USBメモリ:容量4GBのはずが250MBの時に、『SDフォーマッター』!』のやり方もあるが、結局Linux動くマシンに挿入して、Linuxのコマンドで、USBメモリのすべて領域を解放し、無事元の容量になりました。

Windows XPパソコンにChromium OSをインストールして再利用する

いろいろ忙しいのに、なぜかネットでChromium OSの資料を見て、試したくなった。

1G程度のCPU、1Gメモリあれば使えるといい、

自分もブラウザとクラウドしか使ってないのようが気がする。

それならUSBを作って、簡単ってどのパソコンに刺しても使えるし、

また一つは手持ちWindows XPのパソコンがサポート外と、メッセージがうるさいから。

早速http://chromium.arnoldthebat.co.uk/から、最新版64ビット版と32ビット版をダウンロード、Win32 Disk Imagerで8GのUSBに書き込んで試した。

結果は残念。手持ち数台パソコンに試した結果、だめの現象はいろいろあり:

  • ブートしない
  • システム検査ー>ブートが繰り返し
  • 起動ー>クラッシュー>ブートが繰り返し

中古のWindows XPのパソコンの活用のつもりだっだが。結局全滅。

最後に手持ち最新のノートパソコン(Windows8.1)がChromium OS立ち上がった。現時点またChromium OS使う意味がないな。

Windows8.1無料アップグレード

Weiboから、Windows8.1へ無料アップグレードが出たとわかり、早速試してみた。

Windows8のストアから、アップグレードを見つかり、指示通りに操作し、ダウンロードがはじめ、その間作業続けられる。

しばらくすると、再起動が必要になり、その後特に問題なくアップグレードが終えた。Windows8.1のテーマが変えようとオンラインで追加のテーマを取得を試したら、動きがない!しかしその後一旦IE開いてなにかしたら、追加のテーマ取得可能になった。

アプリを試したところSkype 、Chrome 動かないが、再インストールすると直った。

すぐ感じる大きいな変化は、スタートボタンが戻ってきた。それからNFCがサポートするようになった?

ログインから、すぐにデスクトップへ移行するオプションもあるらしいが、方法がよう分らなかった。急がないから、そのうち解説文でも出るでしょう。

パフォーマンスのスコアがなくなった。いままでパソコンの性能評価に愛用しているのに。

Windows 8 RP 版から Windows 8 Pro へ

使っているWindows 8 Release Preview版が期限過ぎて(1/15まで)メッセージがうるさいから、対策を検索したところ、Windows 8 Proへ3300円でアップグレードが可能とわかった。

早速取り込みしてみたら、一日かかっても終わらない作業でした。

最初はアップグレードしてアプリもそのまま使えると思ったが、終わって見たらデータだけ移行でした。それではパーテイションにゴミがたくさん残るので、新しいパーテイションにインストールにした。使っているアプリを再度入れ直すので時間がかかった。

SkypeとEvernoteはWindows 8対応版があるから、Windows 8マーケットから入れて見たら、使えものにならない。また普通のダウンロード版も入れた。

Windows Release Preview をノートPCに

Windows Release Preview をデスクトップパソコン入れてしばらく試した。

問題点として、窓の切り替える際、たまには一部文字は濁って見える、そして2回ほどタスクトレーのアイコンが一部見えなくなり、不安定な状態に落ち、再起動で対応した。

スピードはアップしたけど、安定性が落ちたの感じだ。

ちなみに、Office 2013 Previewも入れてみた、Webアプリ風、Gogole Doc風なシンプル表示になった。使い勝手はOffice 2007 とあまり変わらない感じ。

***

Office 2013 Preview を Windows Custmer Preview を入れたノートPCに試そうと思ったら、Windows8のみ対応と怒られた。

仕方なく、ノートPCにもWindows Release Preview 入れて見た。グラフィック・カードは最初から対応になり、便利だ!Office 2013 Preview もインストールできた。

Windows 8 Release Previewを試す

3月ころ、Windows 8 Customer Previewをしばらく試した。使いやすい、問題点も少しずつ改善された。

最初はSleepに入ると復帰できない。電源スイッチ再投入で復帰できた。それはいつの間にか(多分自動アップデートで)、Sleepボタンで復帰できるになり、スピードも速くなった感じ。

ただCPU使用量とHDDのアクセスは100%なる場合が多いので、Windows 8 Release Previewが出ったので、今度は64ビット版を試すことにした。

別パーティションにインストールし、同じ簡単にできた。

ついてる「コンピュータのパフォーマンス」でプロセッサ、メモリ、グラフィックス、ゲーム用グラフィックスともに多少上昇し、ハードディスクは変わりませんでした。

しかし基本スコアは3.3から4.2へ大きく上昇した。

Windows 8 を体験(その2)

Windows 8 インストールしてから約一か月、我が家のPCのシステムは続々とWindows 8 に乗り換えた。

先日話したHPのノートPCは、Mobile Intel 875 Chipsetの問題は、Windows Updateでビデオドライバーが対応した。

Windows 8のメリットも少しずつ感じた。

まず、Bluetoothの対応はよかった!ノートPCの内臓Bluetoothでも、USB – Bluetoothドングルでも自動認識してくれて、今まで手間ひまかかるドライバー探し、設定から解放された。これてもっているBluetoothマウス、Bluetoothスピーカー、Bluetoothヘッドフォン使う気になった。

それからCD-RWに書き込み機能が内蔵になり、ISO-Imageの書込みくらいは、別ソフト頼らなくでも使えた。

Desktop PC 購入

2年まえ、引っ越した際、手元に数台Desktop PCにコンパクトな一台だけ残し、ほかのすべて友人にあげたか、リサイクル業者に出した。

しかしコンパクトなDesktop PCはやはり拡張性が不足、HDDを2Tにしたくらい、やはり力から不足で、Laptop PC (メモリ4G)がメインに使う状態。

最近App Incentor により、Android開発を励したので、速い、大画面の作業PCが欲しくなる。

NTTXとうネット店でよく買い物する、NECのサーバが安売りを見て、これをきっかけって、Desktop PC 購入を決めった。

Continue reading Desktop PC 購入

Windows 8 を体験

Windows 8 Consumer Preview をダウンロードして、インストールしてみた。

ターゲットマシンは、普通のノートPC。専用の区画に入れること。

インストールは、windows 7 とほぼ同じ。

ログインは、Windows Liveのアカウントを使って認証する。オフライン環境では、どう使うね。

初期画面はタイルのかたち、スタートがないから、戸惑いでした。いったいどこからプログラムを開く?

タイル上、いくつ予め設定したアプリケーションと、新規インストールしたプログラムのアイコンが見える、なれたせいか?やはりスタートが使いやすい。

試しに使ったHPのノートPCは、Mobile Intel 875 Chipsetを使って、ビデオドライバーがない!ワードスクリーンで800×600の見ると、変形された。

まずビデオドライバー見つからないと、試すが続けられないね。

Intelサイトから、Windows7用の見つかったけど、インストールしても、なにもかわらない。